内装に拘った家

Pocket

賃貸住宅では当然の事、分譲マンションでも自由に変更出来ない、居住空間の居心地を大きく左右するポイント、それが内装です。ですが皆さんが購入あるいは注文建築をご検討中の一戸建て住宅であれば、どのような内装を採用されようと、途中幾度リニューアルされようと、オーナーであるアナタの自由であり、この特権を駆使しない手はありません。
具体的に「内装に拘る」を検証すれば、そのバリエーションは数え切れません。色彩に拘る、材質に拘る、各部屋毎のメリハリに拘る、照明器具やオブジェなどの組み合わせを含めれば、大袈裟でなく「無限かつやりたい放題か可能」だと表現出来ます。

ここで忘れてはならない点として、一戸建て住宅である我が家は、ご家族がこの先長期的に最もリラックス出来る空間であり、癒しと居心地の良さを無視してはならないのが内装である事を、今一度念押しさせていただきます。
念願の我が家をイメージする時、高揚感からどうしても派手な色調やインパクトが強いデザインを描きがちなのは、私達全員に共通するあるいみ「やむを得ない感情の動き」です。短期間滞在するリゾート地のホテルの部屋やバンガローなどであれば、こうした遊び心もまた魅力的と映りますが、終の棲家となる我が家でこれらが過剰に勝ってしまうと、次第に違和感を覚える可能性が否定出来ません。

管理人