地下室がある家

Pocket

マンションなど酷似した間取りの部屋が縦横に並ぶ集合住宅とは異なり、一戸建て住宅だからこそ活用可能なメリット、それが地下室の設置です。当然諸々の条件をクリアせねばならず、購入した全ての土地に地下室設置が可能とは言えませんが、注文建築でこれを視野に入れておられるのであれば、初期段階で業者にキチンとその旨を伝えておいてください。

地下室の活用法は幅広く、単なる物置き的な用途に限定される事はありません。例えば大音量で音楽を聴いたり奏でるなど、地下だからこその防音効果を見逃す手はありません。周囲への迷惑を考慮すれば、地上階では断念せざるを得ない希望を叶えられるのが地下室です。本格的に運動するトレーニングスペースやヒーリングスペースなど、音や振動をこちらから伝えない、あるいは外部から届くこれらを遮断するなど、地下室の可能性は考えればそれだけ広がります。

但し地下室を実際に作るとなれば、それ相応の費用面の負担は避けられません。あくまで総合的に各方面から検討しなければ、地下室にウエイトがかかり過ぎてしまい、他の拘りが曖昧になり兼ねません。バランスを考慮した住宅設計を心掛け、あくまで「地下室も有効活用可能な一戸建て住宅」を実現してください。

管理人