一戸建て住宅は拘りが必要

Pocket

家は「人生最大最高額の買い物』などと表現されます。多くのサラリーマンの方々にとっては結婚して自らの家庭を構えるに際し、幾つかの選択肢の中から敢えて、この先数十年間の住宅ローンとの二人三脚のもと、一戸建て住宅の購入あるいは注文建築に踏み切られる方が少なくありません。自身にとって終の棲家であると同時に、愛する家族に残す不動産である一戸建て住宅だからこそ、より中長期的な資産価値の維持は勿論、オーナーとしての数々の拘りが譲れなくて当然です。

具体的には購入する土地周辺の、向こう数十年の街の発展あるいは衰退の予測は大変重要です。山を切り開き新たに宅地造成された建売住宅地域であれば、学校や病院など公共施設も最新建築が並びますが、歴史を有する市町村であれば、こうした地元界隈のリサーチが欠かせません。

そして何より、今後家族が暮らす「住宅そのもの」に対し、建売住宅であればその設計や機能性、スペースやデザインなど、全てが家族全員にとって満足出来るか否か、厳しいチェックに十分な話し合いが不可欠です。建売住宅は特に外観や間取りが似た作りになりがちです。建売住宅でもこだわりたい人は、ポラスグループのようにデザインに力を入れている業者を選ぶようにするといいでしょう。
一戸建てを注文建築するのであれば、皆さんが頭の中に思い描く理想像を三次元化する訳ですから、こうした思案期間を最大限楽しみつつ、理想の家を建てることができるでしょう。ただし、注文住宅は一度建築が完了してしまうとやり直しが非常に難しいため、後悔の無い堅実な発注に努めてください
一戸建て住宅入手に関しては、さまざまな場面で「拘り」が求められます。無茶やワガママでは無く、キチンとした理由あればこそ譲れぬ「拘り」を大切に、一生の買い物に踏み出してください。

管理人